【HTML】input要素には「placeholder」を使おう!

こんにちは!ラクです。

この記事では、input要素の中のテキストに「placeholder」を使うと便利ということを紹介します!

placeholderが便利な理由

まず、「placeholder」とは、input要素の中に最初の状態で文字を入れるためのものです。

<input type="text" placeholder="○○○">

○○○の部分に、任意の言葉を入れるとinput要素内に文字を入れることができます。

じゃあ、「value」で良くね?

と思った方をいると思います。

ですが、「placeholder」は「value」と違って、inputに文字を入れると、元々入っていた文字が勝手に消えてくれます

具体例をあげると、、、

この検索バーに文字を入力すると、

このように、「Search」という文字が勝手に消えてくれました!

ここが、「value」と違う便利な点です!

「placeholder」はとても便利なので、是非覚えていて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です